《男女別で詳しく解説》ベロチューのやり方がわかる!お互いの気持ちを高めるテクニック

みなさんは最近キスしてますか?今やキスは男女カップルのみならず女友達同士でも盛んに行われていますね。今はキスよりももっと濃厚なキスがあります。

そうです。ベロチューです。

なんとなくベロチューって言葉は知ってる方はいるかもしれませんね。普段、何気なくキスやベロチューをしてる方に問いたいです。そもそもベロチュー以前に、『キス』についてちゃんと理解してますか?

「そういえばあまりキスのこと知らないな」と思っていた方が大多数だと思います。

そんなベロチュー初心者に向けてこのベロチュー動画ハウス管理人がしっかり解説していきたいと思います。今までキスやディープキスをなんとなくしていたという方にとっては非常に有益な記事になるでしょう。

ベロチューってそもそもなに?

ベロチューというのは「舌と舌を絡め合うキス」のことです。

別名ではディープキスと言ったりもしますね。男女の気持ちが高まり唇同士のキスだけでは収まらず、お互いの性器(舌)を使って激しく絡めたくなってしまうような時にベロチューをするのが一般的です。

ちなみにフレンチキスという言葉がありますが、日本では軽いキスと思われていますが、欧米では激しいディープキスのことをいいますので注意が必要です。

ディープキスという言葉も舌を絡めるという行為の中ではベロチューの部類に入ります。他の類義語として、濃厚キス、ベロキス、濃厚接吻などがあります。当ブログでもちょくちょく登場しますのでこの機械に覚えておきましょう。

ベロチューの魅力

ベロチューにはどんな魅力があるのか紹介します。

ベロチューはとっても気持ちが良い行為

ベロチューの魅力はなんといっても「お互いの舌同士」を絡めることに尽きます!

今の時代に舐め合うというあえて原始的な行為にとても注目が集まっています。よく渋谷ではフリーハグやフリーキスといった自由にキスやハグをしませんか?といってYoutuberたちがこぞって動画を上げているくらいです。やはり人間は誰しも温もりが欲しいものなんです。

ジッと見つめ合い、軽いキスからだんだんとお互いの唾液や口臭を味わいながら激しくディープキスをするだけで一気にエロスイッチが入りセックスモードに切り替わります。しかも、ベロチューするだけで男性のアソコが勃ってしまったり、女性を濡れさせる前戯としての機能も果たしてくれる万能プレイといえるでしょう。

一気に二人の距離が縮まる

まだ知り合って間もない男女でもキスをしただけで一気に親密な関係になることもありますよね。でもさらに踏み込んで男女の関係になるための最短ツールとしてベロチューすることが一番望ましいのです。舌というのは人間の臓器であり、味を感じることができる大事な器官です。その舌を絡め合うということは本来見せてはいけない部分をさらけ出して接触まで行うということです。

ベロチューのメリット

ベロチューをすることで得られるメリットを紹介します。

男性に聞いた「一番好きな愛撫NO.1」はベロチュー!

ベロチューが苦手な人は、

「唾液や相手の匂いが自分の口に入るのが嫌!」

「舌のあのザラザラした感触が気持ち悪い!」といったネガティブな意見を言う人も少なからずいます。

しかし多くの男性や女性はベロチューそのものよりも精神的な安心感を得るためにキスやベロチューが好きなのではないでしょうか?

最近、彼氏がエッチしてくれなくて・・・。と嘆いていて不機嫌な彼女の誕生日に激しいディープキスをしてみて下さい。一気に彼女の機嫌も直ることでしょう。はたまた今日は仕事で疲れたなとお疲れのご主人にお帰りのベロチューをしてみて下さい。もう疲れなんて吹き飛び玄関前でエッチをおっ始めてしまうこと間違いなしです。

というように、ベロチューには男女の冷めた気持ちを一気にエッチモードまで高めてあげる効果もあるのです。

性的な興奮を味わえる

ベロチューは舌を絡めるだけでなく、吸ったり舌にキスしたいと色々なバリエーションを楽しむことができます。いつもとちょっと違ったベロチューをしてみると性的興奮も一気に高まります。そうなると、女性は目がトロ〜ンとしてきたり、男性は気持ちが良過ぎて頭の中が電気が走ったようにピリピリしてくることもあります。

マンネリ気味の毎日のエッチになる時こそベロチューを積極的に取り入れていきましょう。男女の気持ちを極限まで高めてくれるベロチューであなたも是非やってみて下さい。

ベロチューのデメリット

次にベロチューをすることがダメなパターンも見ていきましょう。

場所を選ぶ

軽いキスと違いベロチューは舌と舌を絡め合う行為です。軽いキスなら欧米などでは盛んに行われていますが濃厚すぎると話は別です。公衆の面前ではとても出来るプレイではありません。二人だけの密室の空間でしかベロチューを楽しめないです。

病気が移る可能性がある

ベロチューは相手の唾液が自分の体内に入る可能性があります。風邪を引いていたりして体調が優れない時に激しくベロチューをしてしまうとその後、余計風邪が悪化したり、熱が出ることもあるので注意が必要です。

これはベロチューに限らず軽いキスでもなりやすいです。必ず体調が良い日にしましょう。

女性では苦手な人が多い

男性の中では好きなプレイとして有名ですが、女性はどちらかというとあまりしたがらない人が多いです。

それには色々な理由があります。唾液が付くのが嫌だったり、舌のザラザラした感触が嫌だったりと苦手な理由は様々です。

でも一番多いのが「好きな人にしかしない」という女性です。女友達同士でも「キスは良くてもベロチューはちょっと・・・」というシーンは良くある光景です。

つまり、女性にとってのベロチューは愛のある行為」という位置付けがあるんですね。

ベロチューのやり方を手順付きで紹介!(男性編)

ではカップルや夫婦を燃え上がらせるベロチューのテクニックをしっかり手順を交えて紹介したいと思います。

1. 軽いスキンシップで和ませてエッチな雰囲気を作る

最初はまだエッチなムードになっていません。

目をジッと見つめて「可愛いね」と声を掛けたり、耳や髪を触ったりなど相手の反応を確かめる時間です。

ここで相手が露骨に嫌な顔をせず頭を預けてきたり、照れてる表情が出たら第一関門は突破です。まだ彼女が緊張している気配を感じたらキスよりも和みが足りていません。積極的にエッチな話題を降っていくことが大事です。もちろん露骨なエロはダメです。女性が応えやすいような話題を投げてあげるのが良いです。

そしてお互いが良い雰囲気になってきたら次のステージに行きましょう!

2.優しく軽いキス

次は軽いキスです。

「ねぇ、こっち見て。」と言ったり、女性のアゴをクイっと持ち上げたりして自分の真っ正面を向かせます。

ここでもまだ油断は禁物!

反応を確かめながらだんだんと顔を近づけていきます。女性が顔を背けたり、「ヤダ!」と言って拒否してきたら一旦引いてください。ただ最初の関門は突破してるので滅多に拒否されることはないはずです。

最初は優しく"チュッ"というくらいのキスから始めて下さい。いきなり舌を出してしまうと相手はドン引きしてしまいます。

キスにもバリエーションがあり、色々な組み合わせでキスを楽しむというのも一つのやり方です。

キスの種類については後ほど紹介します。

キスが盛り上がってくると前述のように唇を合わせるだけじゃ物足りなくなりお互い刺激を求め始めます。

ここまでくればベロチューまでもう少しです!

3.軽く舌を出してみる

キスが盛り上がり始めたなと思ったら軽く舌をチョンと出してみましょう。

始めは舌先を軽く相手の唇に当てるくらいが丁度良いです。すると女性はビクっとしてドキドキが止まらなくなります。

この舌を出して相手に当てるという行為は「あ、今日この人とエッチするんだ、」というサインでもあるのです。

ここでも反応を見ることが大切です。

この先のエッチに乗り気な女性なら男性の舌をすんなり受け入れてくれますが、「まだちょっと恥ずかしいな…。」と思っている女性はまだ唇同士のキスを楽しんでいたいのです。キス、舌を入れるキスを交互に繰り返します。このように押しては引きを繰り返しながら少しづつ女性に舌を出すことに馴れさせましょう。

4.相手が舌を出し始めたら優しく吸ってあげる

舌を入れたり引っ込めたりを繰り返しながらキスをしてるとだんだんと女性も舌を出し始めます。

こうなればベロチューしたも同然です。

ただ、まだ焦らしたいので優しく相手の舌を吸ってあげましょう。くれぐれもバキュームみたいに吸ってはいけません!やり方としては、相手の舌を自分の口の中に入れてあげるイメージです。女性も私の舌が彼の口の中に入ってるという擬似セックスを前体験することになり一気に興奮度が高まっていきます。

注意点としては、女性の舌は男性の舌より小さく吸いすぎると痛いと思われることがあります。女性の体はデリケートなので優しく吸ってあげましょう。

5.お互いの舌を絡め合う

さてベロチューもとうとう佳境に入ってきました。

もう二人に舌は触れ合い気持ちもピークに達しています。頭の中はエッチなことでいっぱい。こうなればあとは激しく舌を吸ったり、絡めあったりと女性といっぱいベロチューを楽しんでください。

ときには、「あぁ。。」と吐息を漏らしてみたり、「ヤバい、美味しい。」とキスの味を声に出してみることで女性もより一層、情熱的なキスをしてくれることでしょう。

さらに上級テクニックとしては、ベロチューをしながら耳たぶをコネコネしてみたり、"ブチュブチュ"と卑猥な音をあえて出してみることも効果的ですが、気持ちがおろそかになってしまうので、まだベロチュー初心者のうちはキスのみに没頭するだけでも十分でしょう。

ベロチューのやり方を手順付きで紹介!(女性編)

ページ: 1 2